記事一覧

この違いは何 ~立ち上がる首長たち~

この違いは何 ~立ち上がる首長たち~

島根原発でも30㌔圏内の事前了解権が問題となっています。
原発周辺の3市の市長や隣県の鳥取県知事などが中国電力に事前了解権を求めており、誰一人として東電に事前了解権の付いた安全協定を求めていない柏崎刈羽原発30㌔圏内の首長とは全く異なる行動です。
島根原発では自治体の再稼働是非の地元判断に際して、安全性・必要性・避難計画の実効性を基準とするようですが、柏崎刈羽原発の場合は東電の適格性(組織体質)も問題にしなくてはならないでしょう。当地の場合は判断基準の前に、判断するための事前了解権を求める声を上げなくてはなりません。