記事一覧

民主主義の退化を止められるか

民主主義の退化を止められるか

菅政権が終わることとなりました。総選挙が迫り、自民党内では菅総理では選挙に勝てないとの声が高まったことが要因のようです。有権者の動向が政治を左右するという意味では、民主主義が機能しているように感じます。
しかし、選挙が間近に迫ってからの菅おろしには違和感が残ります。安倍政権もそうでしたが、まともに説明しない態度や恐怖政治など、政策云々の前に為政者としての基本的な姿勢に大きな問題があったにもかかわらず、目前の選挙での敗戦が濃厚になるまで放置していた責任は大きいと言わざるを得ません(改める必要があると党内で声をあげていた議員もいるようですが)。
誰が自民党総裁になるのか、誰が総理になるのか、現時点では分かりませんが、誠実さや丁寧さをもって民主主義を守る政権の誕生を望みます。

そして、民主主義の退化は国政だけでなく、長岡市政においても感じる場面が多くなりましたので、全国的な問題になっているのではないでしょうか。主権者たる国民・市民が民主主義の最後の砦になれるのかが勝負だと思います。私は市議としての立場でも努力を続けます。