記事一覧

これでいいのか長岡市議会 ~政務調査費~

  • 2006年12月10日(日) 17時43分
  • 分類:活動
  • 投稿者:admin

 政務調査費とは、議員の調査研究のために給与とは別に支給されるもので、長岡市議会では議員一人あたり年間72万円となっています。私の政務調査費の使途については、活動報告書やHPにて公開しているところです。

 最近、政務調査費についての報道が多くなされています。東京都の品川区議会では不透明な飲食代などが指摘され、目黒区でも不適切な使用が発覚し議員の辞職にまで至っています。それ以外の自治体でも、オンブズマンや市民が返還請求を行なっているところもあります。

 長岡市議会の政務調査費についても、新潟日報や読売新聞が情報公開請求をして調べた上で報道しました。記事では、春画(男女の性交を描いた浮世絵の一種で、今風に言えばエロ画像やエロ本だそうです)や世界遺産ビデオの購入、明細のない領収書など等の問題が指摘され、それを受けて、議員同士の非公式な会議が何度か開催されました。私や数人の議員は「使途の限定・領収書への明細の記入・情報公開請求なしに領収書も見れるようにする」等の改善案を出し、これを規約に追加すべきと主張してきました。
 しかし、一昨日の会議において「各々がシッカリと使用するはずなので、互いに信頼して規約の変更はしない・政務調査費についての会議は本日で終了する」ということが決まりました。様々な意見が飛び交かったので詳細はお伝えできませんが、私にとっては「何もしないで終結」という意味になります。