記事一覧

2005年12月

 17日(土)は毎年恒例の忘年会です。毎年、最も盛り上がるのが12月です(嬉しいような、悲しいような)。

 お酒飲む人2,000円、飲まない人1,500円です。参加希望の方は、準備の都合上、前日までにご連絡ください。

2005年11月

 教育委員会の加藤部長にお越し頂き、長岡から国を変える意気込みで取り組んでいる「熱中! 感動! 新ながおか夢づくり教育」についてお話頂きました。

 この夢づくり教育は子供の意欲・やる気を引き出そうということに着目しており、心に焦点を当てた点で私も期待している事業です。

2005年10月

 15日のテーマは「今後の長岡市の大規模開発」です。操車場跡地・中心市街地・千秋が原の計画を学びます。

2005年9月

 今週土曜日の市政勉強会は、「長岡市」若しくは「政治・選挙」をテーマに参加者の皆さんから意見・要望・苦情等をお聴きしたいと思います。一人5分以内で話して頂く予定ですが、話したくない方には強制致しませんのでご安心を。

 19:30より神明公民館にて開催します。

2005年8月

 毎年8月は納涼&懇談会なのですが、今月は経営コンサルタントの石神先生が、たまたまその日に来岡されますので、お話を伺った後に飲み会に移行します。

 石神先生は主に人材教育をメインに活動しておられ、一部上場企業から中小企業・行政まで、また新入社員教育から重役研修まで何でもこなし、産業能率大学の講師も兼任して全国で引っ張りだこの先生です。

 今回は「現代を心豊かに生きるために」といったテーマでお話いただく予定です。

 8月20日(土)19:30より神明公民館にて開催します。

2005年7月

 16日(土)は、長岡で検討中の「学校の2学期制」や「熱中! 感動! 新長岡ゆめづくり教育」等の長岡市の教育について、学校教育課の佐藤課長からお話頂きます。

 実は、大西前教育長が推進された長岡の人材教育は、視察団が来るほど全国的に有名になりました。市長や教育委員会も「長岡から国を変える」と意気込んでおりますので、前向きな話が聞けると思います。

2005年6月

 今月18日は、立見さんに絵本の読み聞かせをお願いしました。絵本といっても様々な種類があって、今回は大人へのメッセージが含まれた絵本を読んで頂きます。現代の大人に送りたいメッセージを、ホッとしたりハッとしたりしながら受け取りたいと思います。

 立見さん自身が素敵な人なので、素晴らしい時間を過ごせるのではないかと思います。

2005年5月

 今月は長岡市消防職員の方から救急救命(人工呼吸・心肺蘇生・除細動器)について教えて頂きました。

 いざという時に、少しは役に立てそうです。

2005年4月

 今月23日は、星貴さんから再登場していただきます。

 テーマは「長岡の歴史」です。この地は、どういった歴史の流れで今此処にこうしてあるのかを簡単にお話頂き、更に、今の長岡に大きな影響を及ぼした出来事を幾つか紹介していただきます。人を引き付けるあの独特の語り口調で楽しく聴けることと思います。19:30より神明公民館にて行います。

2005年3月

 2月に京都議定書が発効しましたので、改めて地球温暖化問題を取り上げました。年々、深刻度が増していますが、京都議定書の目標を達成しただけでは温暖化は止まりません。温暖化を止める為には、京都議定書の目標くらいはすんなりと達成しなくてはなりません。

2005年2月

 市町村合併を控えて、長岡と合併予定の地域の方からお越し頂き、合併される側の気持ちと合併する側の気持ちを確認しあいました。

2005年1月

 少子化問題を取り上げました。

 以前に私が聞いた某元大蔵省トップ官僚の講演をベースにしました。彼の考えは、少子化社会では生産規模を縮小するなど、それに応じた仕組みを作れば問題ないという事です。私もこれには同意します。

 ただ、国民一人当りの国や地方の借金が増えることについては「国・地方の借金は既に返せない額になった。元金を棒引きにするしかない(利子は払う)。ただ、それだけでは国民は納得しないだろうから、今後の国・地方の予算作成に当っては借金を認めない法律を同時に作る」と語りました。先ずビックリしたのは、返せない借金をつくった当事者の一人であるのに、何の後悔もお詫びも言い訳もなく、上記の言葉を言い放ったことです。次は、もし財務省がそのように考えているのならば(元トップの考えなので、その可能性は強いように感じますが)、今年や来年の借金は返さない事を前提として借りていることになります。これって、計画倒産?

2004年12月

 12月は恒例の忘年会です。例年は難しい話ぬきで飲むのですが、この時ばかりは私が「震災後のまちづくり」について話させていただきました。

2004年11月

 震災直後でしたので、どの時どうしていたのか、どんなことを感じているかを語り合いました。自らの体験を語ることで、知らず知らずのうちに蓄積しているストレスを解消できたと思います。

2004年10月

 10月は、合併後の新長岡市のまちづくり指針である「新市建設計画」を読み解きました。

 14人の参加者の感想を一言にまとめると「今までの延長なんだね」って感じです。

2004年9月

 今月の勉強会は「長岡と信濃川の歴史」について、信濃川学校の徳力紀久夫さんからお話頂きます。

 私自身、最近になって、歴史を学ぶことは大切なことだと改めて感じています。

2004年8月

 8月は納涼&懇談会でした。お酒を飲みながら様々な話に花を咲かせました!

2004年7月

 7月は、NPOについて学びます。NPOの理念・考え方・時代背景を、実際のNPO団体とNPO申請中の団体から発表していただきます。

2004年6月

 今月は、私がゴミ問題について話しました。

 長岡市では、今秋からゴミの有料化が始まります。有料化自体は良いことですが、その方法には工夫が必要です。また、有料化しただけでゴミ問題が解決されるわけではなく、拡大生産者責任(ゴミ処理費用を製造者・販売者が負担する)の導入が必要です。

 来月はNPOについて、その理念や活動内容を市内の3団体の方からお話頂きます。

2004年5月

 5月15日(土)の勉強会は、今夏の参議院議員選挙候補予定者の塚田一郎氏からお越し頂く事となりました。

 先般、私の知人(塚田後援会幹部)から「塚田氏を支援して欲しい」との依頼があり、それに対し「一度、塚田氏の考えを聞き、人柄を感じてみてから判断したい」と私が返答したことによって実現するものです。

 この機会に、参加者の政治への関心が一層高まることを期待しています。また、質疑応答の時間も確保できる予定なので、国政に対する日頃の意見や疑問を投げかけてみてください。

 19:30より神明公民館にて行います。

2004年4月

 4月17日(土)の市政勉強会は、柏崎の三井田市議、長岡の桑原市議を迎えて、議会のあり方について議論します。三井田・桑原両議員は、にいがた1970年代生まれ議員の会の仲間です。

 最近の新潟日報や長岡新聞でも報道されていますが、長岡市議会での会派無所属議員に様々な動きがありましたので、これらを題材に議会の意思決定の仕組みと問題点、今後の働きかけ等を明らかにしたいと思います。

 ちなみに、私を含めた3議員のこれまでの歩みは対照的です。①三井田議員:これまでは会派に所属していたが、この度、無所属となる ②桑原議員:これまでは会派無所属だったが、この度、新会派を結成する ③関:ご存知の通り、ずーっと無所属。

後記

 やはり、私を含めた3議員の問題意識は共通していました。私の考える議会運営の問題点は活動欄に載せてあります。また、三井田議員の精力的な活動に刺激を受けました。

2004年3月

 3月20日(土・祝)は長岡大学のクォン先生から「日本や長岡について感じること」といったテーマで講演いただきます。クォン先生は韓国人で私より3歳年下ですが、忘れ去られた古き良き日本を感じさせてくれる雰囲気を持っていらっしゃいます。

 ちなみに…。私の嫁さんは妊娠中なのですが、クォン先生の奥様も妊娠中で、なんと、出産予定日が同じ5月26日でした。

2004年1月

 2月21日(土)は日本テレビ報道記者の福澤真由美さんからお越しいただきます(なんと、東京から)。福澤さんは私と同世代の方で、政治の取材を通して感じていることは私と共通するものがあります。第一線で活躍している記者の目から見た政治・社会・人間のあり方を語っていただきます。政治や事件の裏話が聞けるかもしれません。

後記

 いろいろな裏話を聞くことができました。また、ジャーナリズムの問題点にも深く言及していただき、我々の視野も広がりました。
 福澤さんはジャーナリストの立場で、今回の参加者は一市民の立場で、私は議員の立場で、それぞれの役割を担って社会変革につなげていきたいものです。

2004年1月

 1月17日(土)の新年第一回目は、長岡大学の定方教授から「心の不思議」といったテーマで講演いただきます。メンタルへルス(精神の健康)とかストレスマネジメント(ストレスと付き合う方法)といった言葉をよく聞くようになった現代社会にピッタリなテーマかもしれません。

 先生のご専門は心理学ですが、気功・鍼灸・薬膳料理も手がけていらっしゃいますので、いろんな話が伺えると思います。また、自己判定のできる心理チェックシートも配っていただく予定ですので、今後の人生に役立つかもしれません。

 19:30より神明公民館にて行います。

 また、終了後の飲み会にもお付き合い頂ける予定なので、そちらもお楽しみに。

以下は、定方先生からのメッセージです。

自分のものであって、自分のままにならないのが「自分の心」です。
そんな心を知る道具として、さまざまな心理テストができました。
遊び感覚で「今の自分の心」を知るためのテストをやってみませんか?
「こんなモノでワカルの?!」きっとびっくりすること受けあいです。

後記:心の話から最後は易(占い?)の話になりました。先生は易の指導者でもあるそうです。人間には自分で変えられない宿命のようなものと、自分で変えられる運命のようなものがあるそうです。また、自分自身を客観視することも重要です。

2003年12月

 12月は毎年恒例の忘年会です。

 10人ほどが日付変更線を超え、終わったのは3時でした。

2003年11月

 11月は、私の初当選時に後援会長を引き受けてくれていた柳基成氏から「市民による農業再生と地域通貨(エコマネー)」といったテーマでのお話を伺いました。彼は数年前に新潟市へ転居し、縁あって市民活動を開始しました。市民が有機農法や鳥の放し飼いに取り組んでいる農家を手伝い、その報酬として地域通貨が使われています。この活動はテレビでも取り上げられ、新しい取り組みとして注目されています。

 「農業再生」と「地域通貨」は、共にこれからの時代のキーワードとなっていますので、実践者から話が聞ける良い機会でした。

2003年10月

 10月は、衆議院選挙の各陣営の方(候補の代理)をお招きし(田中事務所だけは欠席)、それぞれの主義主張をお聞きしました。陣営間の議論までには至りませんでしたが、選挙公報以外でも有権者が各候補を比較できる機会が必要だと思っています。

2003年8月

 今後の勉強会の書き込みについては、参加者のメッセージも取り入れたいと思います。

 まず初回は通称"とっつぁ"から頂きました。ありがとう。

 今回はお盆ということもあり、納涼祭&座談会といたしました。わずか数名の出席でしたが、世の中の動向、人生について、熱く語り合いました。
なお、「関たかし」は新婚旅行に行ってました。別世界で何か、よいヒントが浮んだかな。
(参加者 とっつあ より)

2003年7月

 今月は、私が市町村合併についてお話しました。市町村合併についての私の考えは、「活動」欄にてコメントしております。

 来月の第3土曜日は、お盆ということもあって、納涼祭&座談会と致します。

再開します…2003年5月

 選挙でバタバタしてまして、勉強会の書き込みをサボっていました(会は毎月開いていたのです)。

 5月は、晴れて長岡市議となった桑原さんの二度めの登場となりました。選挙や議員活動を通しての感想をもとに議論しましたが、参加者の発言のほうが多かったような気が・・・。