記事一覧

公共広告機構

  • 2006年09月05日(火) 16時58分
  • 分類:日記
  • 投稿者:admin

 少し前のCMで、確か自殺に関するものだったと記憶していますが、「命が大切だと言わないで下さい…。あなたが大切なんだと言ってください」というものがありました。この言葉には感銘を受けました。

 ところで、CMの問題として指摘されているのは、例えば環境問題では環境破壊につながるCM(大量消費を煽ったり、ジャンクフード(スナック菓子やファーストフードなど)の宣伝)のほうが、環境意識を高めるCMの100倍以上(ちょっと記憶があいまいです)多く放送されているということです。命の問題も同じ構図があるように感じます。

 命と言えば、先日のテレビで発展途上国の恵まれない子供(ストリートチルドレン等)の親代わりをしている沖縄の方を特集しており、その方の言葉が印象に残っています。「真剣に生きていなければ命の大切さは分からない」

 自殺・他殺は別にして、命が軽く扱われることが目に付く現在。真剣に生きる人が減ったことの現われなのかもしれません