記事一覧

頂いた質問について

先日、HP経由で「私の立ち位置、後ろ盾は?」という質問を頂きました。
私には支援者の集まりである後援会がありますが、大きな組織(政党や企業)の後ろ盾はありません。詳しくは過去の記事や資料をご覧いただきたいと思いますが、衆議院議員秘書の経験(反面教師の経験が多いのですが)から、本来の政治の在り様を追求した結果です。
立ち位置についても、価値観や政策が既存の政治勢力にはまるところがありませんので何とも言えません。だから、無党派・無会派ということになるのでしょう。ただ、無党派・無会派といっても一括りにはできないと思いますが・・・。

原発の再稼働そのものを問われれば反対です。しかし、以前に述べたように、長岡市では原発の再稼働を議論する以前の問題です。止める・動かすという権限を持たない状況で再稼働の是非を議論しても大きな意味はないと考えます。
仮に「再稼働やむなし」となったとしても、それには「いざという時には我々は長岡市を放棄してもよい(万が一の時には長岡市の消滅もしかたなし)」などの覚悟が伴ったものでなければなりませんから(そうでなければ安全神話下のようなボーっとした判断となってしまいます)、権限を獲得したうえでの真剣な議論が必要です。