記事一覧

異様な総選挙

衆議院が解散しました。
新聞では「大義なき解散」「新党結成」「民進党が解党」などの見出しが躍っています(様々なメディアで様々に報道されています)。希望の党の結成や民進党の合流に「野合」「選挙目当て」などとの批判の声が上がっています。その批判はもっともですが、そのような状況になった大きな理由は「今なら選挙に勝てるから解散」を行ったからではないのかと思います。与党が強引かつ選挙に勝つために解散したので、野党の中でも強引かつ選挙に勝つために行動する党がでてきたのではないでしょうか。

とにもかくにも、健全な民主政治の基盤は健全な有権者です。
投票率が低くなれば、「ごく一部の人達の政治」「ごく一部の人達のための政治」になりがちだと思います。
とにかく投票に行きましょう。