記事一覧

「生きるために生きる」のか

明けましておめでとうございます。
新年早々 重いテーマで申し訳ありません(笑)。
様々な方と話をしていると「生きるためには食わなきゃいけない、そして食うためには稼がなきゃいけない、だから仕事をしなくてはならない」と考えている人が結構いらっしゃるように感じます。この人生観は「明日生きるために、今日仕事をして生きている」という自転車操業的なもので、単に生きることそのものが人生の目的になっているのではないでしょうか。更にいえば、人によっては「死ねないから生きている」「しょうがないから生きている」という後ろ向きな考え方も感じます。その場合でも、人生においてある程度の喜びや幸せを感じることはできるでしょうが、深い喜びや充実感を感じることは難しいと思います。
「維持している命をどのように使うのか」「自分は何のために生きているのか」を考えることは、充実した人生を送るために役立つものだと思います。