記事一覧

オイコスフォーラム「自然共生建築を求めて」 に参加

日時平成23年9月30日
場所東京ウィメンズプラザ
用件オイコスフォーラム「自然共生建築を求めて」 に参加

●暖める ~暖房システム再考~

東京都市大学教授 宿谷 昌則
1 人体のしくみ
人体に入るもの(飲食物)=人体にたまるもの(ほとんどない)+排 泄物であって、エネルギーも同じ原理である。従って、人体に入って きたエネルギーは全て熱として外に出る。

2 暖房
(1)室内温熱環境の要素
周壁平均温度(放射温度)
空気温度
風速(気流)
空気湿度
 (②~④は空気の性質のため、冷暖房は空気を冷暖することと思われてきた)

(2)快適な室内空間
  
暖房とは
「体に熱を与えること」ではなく「ほどほどに放熱するようにしてあげること」 
放射温度の調整がカギ
  • 窓、壁、床、天井などの建築部材からは、その温度に応じた放射がされる(放射=電磁波=光)
  • 人体の代謝熱量(=放熱量)が少ないと快適
  • 風速と空気湿度を一定にした場合、人体の代謝熱量は周壁平均温 度、及び室内空気温度と相関する。そして、その相関図をみると 暖房で空気を加熱するよりも周囲の壁や床を温めるほうが有効 なことが分かる(「低い気温でも太陽に当たると暖かい」とか「 床暖房は快適」というのは同じ原理)
  • 建築物の断熱性向上に取り組んだ上で、室内空気を管理すること が重要で、これは省エネにもつながる
  • この原理は冷房にも当てはまる