記事一覧

「オイコスフォーラム ~自然共生建築を求めて~」に参加

日時平成23年5月27日
場所東京ウィメンズプラザ
用件「オイコスフォーラム ~自然共生建築を求めて~」に参加

●巨大技術から身の丈にあった技術へ

東京都市大学教授 宿屋 昌則
1 原子力発電という巨大技術の限界
(1)原子力発電
  • 原発事故の状況を見ると、これまでの専門家に任せておけない
  • 原子力発電の基本原理は火力発電と変わらず、発熱方法が違うだけ
  • 火力発電は500℃を超える水温を得られるが、原子力発電では300℃ 程度で、発電効率は火力発電が上
  • 料のウランの原子番号は92で、陽子をつなぐ核力の限界。産出さ れる元素では一番大きい
  • 核分裂で物質Aは→ A1+A2+エネルギー に変わる。ウランの分裂 エネルギーはH2OをHとOに分けるエネルギーの2億倍
  • 電力とは「電磁気現象を利用して運ばれた動力」である。たかが動力 を得るために核分裂反応を使わなくてもよい
  • 送発分離を行い、電気を選べるようにすることが大切
  • 原発の廃炉ビジネスも相当なものになる


(2)放射線
  • 宇宙の放射線が少なくなって生命進化が始まった。生命と放射線は相 容れない
  • 長期の低線量被爆リスクは分からない事がある
  • 原子力発電で産み出される放射性物質は、放射性と発熱性が長期に続 くので、世代を超える長期的で徹底的な管理が必要



2 身の丈にあった自然の理に適う暖冷房
(例)40億年の生命史が生み出した体温37℃に保つ人体
 
寒い時の調整
  • 身体を閉じる姿勢にする
  • セーターなど羽織ったり、居場所を変えたりする
  • 末梢神経が収縮する
  • 「非震え産熱」という僅かな発熱現象が起きる
  • 震え産熱が起こる(健康を害するレベル)
暑い時
  • 身体を開く姿勢にする
  • 扇ぐ
  • 服を脱ぐ
  • 末梢神経が膨張する
  • 発汗により蒸発冷却を行なう
 
具体的な冷暖房の講義は次回以降