記事一覧

お下がり

  • 2000年12月29日(金) 00時00分
  • 分類:日記
  • 投稿者:admin

先日の友人との会話

友人 「おまえいつも同じ服着てるな(この日は私服でした)。 俺、この前ユニク○で買って一回しか着てない服があるんだけど色が気に入らないからあげるよ。1900円のものだけど」
  「おお、有難う」
友人 「しかし、ユニク○って凄いよな。安いし、同じ商品でも次々にいろんなカラーのものを出すもんな」
  「でも、見方を変えれば大量生産・大量消費・大量廃棄の行き着いた先の商売形態かもね。LCA(ライフサイクルアセスメント)の観点からは賞賛できないのかもしれない」

さて、ここで一つ思い出してしまいました。
中学3年の同級会が毎年1月2日に行われます(もう10年続いている)。その時に前年に撮った写真が配られるのですが、今年の同級会で3年連続で同じ服を着ていることに気付いたのです。なおかつ、その服は先程の友人と会った日に着ていたものと同じでした。そう、私は服をたくさん持ってはいません。ファッションにほとんど関心がないために、服は隠れるべきところが隠れて暖かいとか涼しいといった機能があればそれでいいと思っています。スーツも8割くらいは知人のお下がりです。物乞いのオーラがでているのか、ふびんに思うのか、スーツをくださる方が多く、大変感謝致しております。
ここまで書いてまた気付きました。そもそも私は、あまり買い物(ショッピング)をしません。う~ん、日本の景気が良くならない原因の一億分の一位は私にあったのか! 景気といえば、元検事の堀田力さんは次のように述べておられます「景気回復・景気回復というけれど、景気を回復させてどうしようというのか?何の為に景気を回復させるのか?バブル時代に戻せば幸せになれるというのか?」

今日は脈絡のない文章になってしまった。まあ、こんな日もあるさ。