記事一覧

新時代シンポジウム

日時平成21年11月3日
場所SYDホール(東京都)
用件’09新時代シンポジウム「大転換期の展望と選択」に参加

1 思風庵哲学研究所 所長 芳村 思風 氏

  • 現在は、西洋的価値観→東洋的価値観、理性重視→感性重視への過渡期
  • 日本では、太平洋(アメリカ)→日本海(アジア)の時代への過渡期
  • 資本主義経済=お金を目的とする経済=アメリカ的経済→人間を中心とした経済への過渡期
  • 時代は変化を求めていて、変化対応力(問題の後追い)では乗り切れない
    →自ら変化を創り出す、自由独創の精神が重要
  • 人格主義経済(経済活動により人格が向上する江戸時代の商法)を復活させる必要がある
  • 政党なき政治が重要(政党政治→合議政治)
  • 民主主義社会(権利を主張し合い、責め合う)→互敬主義社会(愛を基にする)実現が重要
  • 遷都が有効:風土を変えることにより、違う文化や文明を創り出す。また、内需創出の効果もある



2 林英臣政経塾 塾長 林 英臣 氏

  • 内なる声を聞け~素直さが必要:自分の持っているセンサーを生かす。自分を通して全体を知ることが出来る
  • 「どう考えるか」が感性を創っていく
  • 21世紀は大混乱に陥るが、それを救うのは東洋
  • 世界が行き詰った原因は部分観にある。全体観を養わなければならない。そして、全体観には「扇の要」が必要
  • 原点と大局をつかめ
    原点:日本とはいかなる国かを知り、感じる(例:世界から集まってくるモノを纏める力がある)
    大局:東西文明の波動交代に乗れ(800年サイクル説)
  • 原点と大局をつかんだ上で、志を立てて天命に生きよ



3 エッセイスト 福田 純子 氏

  • 現代は、どれが本流か分からない時代
  • 環境適応能力(どの道に行ってもうまくいく)が必要
  • 被害者が加害者を赦すことで生まれるものは大きい(例:日本は原爆投下されたが、10年で相手を赦し、30年で友達になった)
  • 登山の時代→下山の時代へ
  • これからの時代:二極化、リーダー不在、女(母:母性)の時代



4 シンクタンク 藤原事務所 所長 藤原 直哉 氏

  • アメリカ(西洋)覇権の崩壊:国々(個人も)が横に手を取って生きていく(巨大な力で世界を動かすことはできない)
  • 混乱(古いものが整理される時)は必ず終息する:混乱に混乱しないこと
  • 現在のような乱世は今日の事を考えていてはダメ:明日や未来を考える
  • 量子論の時代:モノも想いもエネルギー。想いが大切



5 はる研究院 代表 大和 信春 氏

  • キーワードは三重終末
    200年続いた資本主義社会体制の終末(資本や市場はなくならないので、経済はあり続けるが)
    1600年ぶりの西洋文明の終末
    人類前史の終末
  • 今回の変化は、明治維新+戦後というレベルの変化ではない



6 パネルディスカッション  林 英臣 氏  福田 純子 氏  大和 信春 氏

大和 氏
  • 20世紀の成功定義(偉くなる、儲ける)が終わる
  • 平凡な人は、変化を見て元に戻ろうとする(例:中心商店街):時代の潮流が読めない
  • 仕事を原点に帰って見つめる:それが必要で、役に立つか
  • 資本主義の終わり:営利(利益追求)→営義(役立ち追求)
福田 氏
  • 降りていく生き方の時代:山に登ったら降りなければならない。降りて初めて成功となる。降りるときに景色が見える
  • 意識によって集まる時代:理論や理屈で集まらない
林 氏
  • 国家の寿命:ヨーロッパは尽き、EUへ向かっている。アメリカはもう少しあるが、チャンピオンではなくなる
  • 共生文明の時代(人と人、人と自然)
福田 氏
  • 渋柿や 渋がそのまま 甘さかな:自分で自分を笑うことが大事
大和 氏
  • 明治憲法制定は明治22年である。つまり、幕末から長い時間かけて変化し、安定した:その時代を生きていた人は、いつが転換点だったかは知らない
林 氏
  • 転換期は、破壊期と創成期からなる
  • 幕末の志士が学んだもの
    i国学・神道:原点回帰(日本とは何か、日本の原点)
    ii蘭学・洋楽:世界の大局
    iii儒学・陽明学
福田 氏
  • 神道は、全てに感謝し、汚れを嫌う。
  • 大変な時代は、支え合いが大切:どれだけ仲間がいるかがカギ
大和 氏
  • 大変な時代は自分の役割や天命に目覚める時代
林 氏
  • 二宮尊徳:困った時は人を助ける(俺が俺がと言う人は淘汰される)
大和 氏
  • 偉い人は、苦しい時ほど種を蒔く(次の手を打つ):上杉鷹山や小林虎三郎

トラックバック一覧