記事一覧

7月

7月18日(土)は、今月開催された「柏崎刈羽原発の運転再開を考えるin長岡」の主催者から、柏崎刈羽原発の再開に対する問題点を語って頂きます。

私はエネルギー問題について、「まずは省エネ、その上で必要なエネルギーは自然エネルギーで」と考えています。また、長岡市は柏崎刈羽原発に関しての直接の当事者ではありませんが、万が一の時には確実に影響が及ぶ地域であると思われますので、市民が様々な情報に触れる機会は必要だと考えます。

19:00より神明公民館にて開催します。(通常は2Fですが、今回は1Fの可能性もあります。当日、玄関に掲示します。)

トラックバック一覧