記事一覧

暮らしの安心・安全セミナー に参加

日時平成19年10月10日
場所総評会館(東京都)
用件暮らしの安心・安全セミナー に参加

概要

身の回りの化学物質を考えよう

科学ジャーナリスト(「買ってはいけない」著者) 渡辺 雄二 氏

1 「買ってはいけない」(全4冊)で取り上げた危ない化学物質

①消臭剤:わきの下へ使用するものは毒性の高い酸化塩を含んでおり、
           口から吸引してしまう
②除菌製品
③殺虫剤
④口内洗浄剤
⑤柔軟剤
⑥洗濯用洗剤、台所用洗剤、薬用ハンドソープ、ボディシャンプー:界面活性剤を含む。ボディシャンプーは化粧品なので表示方法が異なるが、洗剤と同じ成分が入っている

2 身の回りに氾濫する多種多様の化学物質

現在、3000万種の化学物質があり、そのうち日常的に使用されているものは10万種

3 化学物質の健康への影響

①アレルギーとの関係:化学物質過敏症など
②ガンとの関係:死亡原因の1/3がガン。罹患する人は1/2では?
         化学物質がガン細胞(突然変異)を引き起こす可能性
③ホルモン撹乱との関係:環境ホルモンの懸念は払拭されていない

4 事例

①小林製薬 消臭・芳香剤「消臭元」
 ・強烈な香料でごまかした消臭じゃなく隠臭
 ・使用されている合成香料は香料会社から入手しているため、企業秘密になっていて、全ての成分は分かっていない
 ・芳香消臭脱臭剤協議会の消臭試験基準は家庭の部屋と同じ広さでの試験ではなく、10リットルの袋の中で行うものである
②花王 スプレー式消臭剤「リセッシュ」
 ・除菌剤が含まれており、これで微生物(分解すると臭いのもと)を殺す
 ・臭い成分がどれだけ減ったかの実験データはない。
③アース製薬 ゴキブリスプレー「ゴキジェットプロ」
 ・ホウ酸ダンゴ(ゴキブリの巣ごとやっつける)のほうが有効で安全