記事一覧

略歴1

  • 2000年12月12日(火) 18時32分
  • 分類:略歴
  • 投稿者:admin

昭和41年6月13日 長岡市信濃2丁目に生まれる

 泣き声の大きい元気な赤ちゃんであったが、幼少の頃は「小児ぜんそく」を患い入院することもあった。中島幼稚園へ入園しガキ大将となる。喧嘩は強かった。
(父・母 談)

昭和54年 長岡市立中島小学校 卒業

 信濃川の土手や近所の広場で泥まみれになりながら遊ぶ毎日。5年生で野球部に入部し、ぜんそくが治る。又、部活動をしながら珠算塾へ通い2級に合格。根性があった。
(源蔵 談)

昭和57年 長岡市立東中学校 卒業

 文化祭の時、コンビで漫才をし全校生徒が大爆笑!マラソン大会ではメダルが欲しくて2人で特訓!2人とも入賞したが、関はゴール後、倒れて保健室へ。そういう彼はクラスの級長であった(笑)。
(柳 談)

昭和60年 新潟県立長岡高等学校 卒業

 ヒョンな事からバトミントン部へ入部、青春の全てを賭けるも、大事な試合で負けてしまい号泣。現在も週に一度はラケットを握る。
(ぴよ 談)

平成元年 滋賀大学経済学部 卒業

 琵琶湖のほとりで苦学。社会勉強の成果も大きかったはずである。卒業記念として異文化に触れたいと思い、必死にアルバイトをしてペルー・アマゾンへ一人旅をする。宿泊先の予約をしない危険な旅であったが原住民の家に泊まるなど貴重な体験をしたようだ。成田空港では麻薬密売人と間違われ取り調べを受けたとのこと。戻ってきてくれて良かった。
(H氏 談)

平成元年 日立化成工業株式会社 入社

 環境問題に貢献できる企業で働きたいと思い入社、茨城県の工場勤務となる。仕事・仕事・仕事の毎日。(K氏 談)

平成3年 衆議院議員 星野行男 秘書

 縁あって星野代議士に仕え、国会事務所に勤務。日本の政治を目の当たりにする。退職後、リフレッシュの為、アラスカへオーロラを見に行く。
(O氏 談)

平成9年 高野不動産株式会社 入社

 入社時、生真面目だがたいした事はできないだろうと思った。しかし、予想外にとんでもない男であった。仕事においては積極的且つ人に優しく、また責任感の強いところからお客様に支持され当然の如く売り上げも伸ばしてきた。またプライベートになっても表裏のない性格で接していくのが魅力なのか、いい匂いがするわけでもないのに人や魚が寄ってくる(趣味は釣り)。また宴会になるとマイクを持ったらスッポンの如く離さない。そんな彼はマイクを持つのが天職ではないかと予感した。最近の若者は、だらしがないと言われている昨今、”本物の若者”に出会った感じがする。とにかくタフガイ『関たかし』に一度会ってみるべし!
(T氏 談)