記事一覧

PARC講座に参加「株式会社? NPO? それとも~」

日時平成21年5月28日
場所PARC自由学校(東京都)
用件PARC講座に参加

「株式会社? NPO? それとも~」

NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
 事務局長 松原 明
1 法人制度
  • 契約や所有の主体(事業や活動の主体)は2つある。①自然人 ②法人
  • 法律に基づいた法人⇔人格なき社団(任意団体で自然人が代表者)
  • 代表者が死去した場合、①は相続税かかるが②はかからない。①は契約打ち切りだが②は契約継続
  • 法人のメリット:仲間を増やす、継続させる
  • 企業や行政は①と契約したがらない(特に行政)

2 これまでの社団・財団法人(2008年までは公益法人)
  • 2013年までに二つに分類される ①一般社団法人・一般財団法人 ②公益財団法人・公益社団法人
  • ②は公益認定が必要で、利益を出しすぎると料金下げる等で2~3年で使い切らなくてはならない

3 営利とは
  • 営利法人:株主が会社に出資し、会社は利用者や消費者に財サービスを提供することで代金を得て、コストを引いた利益を株主に分配する。いかに利益を生むかが重要。
  • NPO法人、社団法人:NPO等は会員や寄付者からお金を集め、利用者に財サービスを提供し(代金が生じない場合もある)、コストを引いた利益は次の活動に使う(分配しない)。やりたい事のために、いかに金を集めるかが重要。代金の有無や高低、給料の高低はさほど重要ではない。
  • 日本の株式会社の7割は利益が出ていない(世界的に珍しい)→株主が会社役員で、何かと経費で落とすことが多い
  • NPO法人も利益出さなければやっていけない
  • NPO法人は多様な人を巻き込める(行政マンも含む)
  • 誰を巻き込んで、何をするのか(どんな思いか)によって法人を選ぶ
  • NPO法人は、顧客(≠利用者)=お金を払う人(支援者を含む)を集めなくてはならない⇒ビジネスモデルが必要(最低限、団体経営のコストが必要) 例:寄付を集め古城を買収・整備→観光料金・グッズ販売収入・ファンクラブ収入→新たな古城買収
  • NPOは問題の解決の前に解決しようとする人を増やし、巻き込むことが大切

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.sekitaka.net/index-tb.cgi/370

トラックバック一覧